文徳が敗北、通算43本塁打の萩尾の夏終わる/熊本(日刊スポーツ)

高校野球熊本大会:必由館7-6文徳>◇2回戦◇12日◇県営八代野球場

 優勝候補の文徳が敗れ、プロ注目で高校通算43本塁打の萩尾匡也外野手(3年)が初戦で散った。

【写真】初戦敗退し泣きじゃくる文徳の萩尾主将

 序盤に5点差をつけられる苦しい展開。相手バッテリーから警戒され、2四球と歩かされた。4回に二塁打を放ったが、3打数1安打とアーチは描けず。チームは猛追したが、1点届かなかった。

 萩尾は試合後、仲間から離れ、1人球場の外へ。「みんなの顔が見られない。ごめん、ごめん…」と泣いた。「自分が打っていればという打席もあった。最後、どうにか自分に回って来て欲しいと思っていた」と九州屈指のスラッガーは唇をかんだ。