<リボンの騎士>時価3億円「サファイア姫の王冠」公開へ(毎日新聞)

◇福岡の宝石店「ビジュ エトウ」

 手塚治虫の代表作「リボンの騎士」の主人公、サファイア姫の王冠を再現した時価3億円の王冠が13日から福岡市博多区の宝石店「ビジュ エトウ」で公開される。

 神戸市の宝石店が手塚プロダクションの依頼で制作。直径約11センチ、重さ約300グラムのプラチナ製で、頂部分には光を当てると星の形が現れる67カラットのスターサファイアが輝く。

 九州初公開で展示は15日まで。サファイア姫らキャラクターを宝石で描いたジュエリー絵画も展示されており、永遠に輝く宝石に彩られた不朽の名作の世界を堪能できそう。【末永麻裕】